白馬へ

梅雨の季節の旅、心配でしたがどうやらお天気に恵まれました。(梅雨の晴れ間をぬって)
年に一度は旅するグレープです。もう40年は続いています。(人数はどんどん減っていきます)笑
11日~12日、白馬まで出かけて一泊とは、時間の少ない事です。白馬駅に降り立つとこの景色!!
感動でした。(30年前に訪れていることは皆忘れていましたね)
a0232543_10055159.jpg
駅前から歩いて大出公園へ散策です。その途中に詩(うた)の小径があり田園風景の中に花畑が綺麗でした。
此処からも白馬連邦が見えました。でも直ぐ雲がかかり山の変化が楽しめます。けやきさんに教わった八方スキー場と蓮華岳?が望めます。
a0232543_10352898.jpg
a0232543_10355975.jpg
大出の吊り橋・・景色良かったです。少し登ると展望台の上に山小屋のような素敵な喫茶店を見つけ、美味しいコーヒーとタルトを頂きオーナーとお話できました。二階には沢山の写真が展示されてて、部屋は電気が無くてランプの明かりだけ、ムード有で思わず長居しました(笑)展望台から姫川と連邦が雲の中・・・
a0232543_10463102.jpg
a0232543_10464917.jpg
a0232543_10474639.jpg
a0232543_10471535.jpg
今回の宿はホテルシェラリゾート白馬でした。私有林の中に自然の美しい景色を眺めて、温泉に癒された一夜です。
a0232543_11121168.jpg
朝目覚めると相当な寒さです。持って来ました衣類の重ね着です。栂池ゴンドラ乗り場、約20分程大パノラマを望みながら、少し揺れながら昇ります。装備不十分のため植物園には行かず途中を散策です。残雪もあり、水芭蕉やショウジョバカマなど等、見れてラッキー!!矢張りここは歩きたい所でした。時間も少なく多少心残りの栂池自然公園でした。
a0232543_11560796.jpg
a0232543_11551317.jpg
a0232543_11483066.jpg
a0232543_11491098.jpg
a0232543_11584744.jpg
a0232543_11494226.jpg
白馬では多くのニセアカシアが今盛りでした。宿の方が天ぷらで食べれます・・とも話されてました。
今回のメンバー4名でした。
a0232543_11265377.jpg
a0232543_12094616.jpg
列車に乗っている時間が長く、白馬滞在は短かったです。でも沢山のおしゃべりと親睦の高まった旅でした。健康に留意して次に続けたい事です。有難う御座いました。

[PR]
# by ekocyan2 | 2017-06-14 12:53 | 日本の旅 | Comments(2)

桜追っかけ・・

”桜追っかけ”・・タイトルの思い程でなく、子供達二組の都合がつき、蓼科高原温泉ホテルに出かけました。今年は遅れて咲いた桜、満開に出会えラッキーでした。高速路諏訪湖のサービスエリアより諏訪湖一望です。桜も見えて・・
a0232543_14071193.jpg
諏訪市にある高島城・・昭和45年に復興され、美しい天守閣です。市民の憩い高島公園、桜の名所でもあります。
a0232543_14284610.jpg
a0232543_14310291.jpg
a0232543_14425646.jpg
長野県代表する地酒「真澄」蔵元へ(お買い上げです)
a0232543_14492457.jpg
宿に向う道中・・走るところに桜並木。
a0232543_14560014.jpg
宿は山の斜面にあり未だ雪がありました。周りを散策・・桜咲くのは後、10日程でしょうとの事でした。勿論暖房や床暖もあり、此処は寒いのですね。
a0232543_15085567.jpg
a0232543_15093573.jpg
そして高遠の観桜に・・高遠城址(別名兜山城)コヒガンサクラが咲き、桜の名所としては余りにも有名です。そして江戸時代の大奥で起こった絵島事件,この地に流され幽閉された囲み屋敷が残っています。
a0232543_15104192.jpg
a0232543_15123256.jpg
a0232543_15131265.jpg
a0232543_15112921.jpg
a0232543_15115737.jpg
a0232543_15145001.jpg
a0232543_15133995.jpg
お天気良くて、遥かに雪をまとったアルプスが見えました。
a0232543_15141113.jpg
a0232543_15155446.jpg
a0232543_15164256.jpg
帰路名古屋の娘宅でお手伝いして、?昨夜帰りました。思いもかけず桜満開に出会い素敵な旅となりました。感謝です。有難う!!


[PR]
# by ekocyan2 | 2017-04-27 17:54 | 日本の旅 | Comments(2)

湖北へ


6日・・湖北の宿”紅鮎”さんへ出かけました。母の13回忌を済ませて姉弟と母の甥も交えて供養の会です。母が楽しんで出かけていた宿です。弟が設けてくれました。こんな寒い時、亡くなったのです。久し振りに出会った雪景色でした。宿は湖面近く竹生島なども見えて、いつもは沈む夕陽が綺麗です。今回は冷たい風が吹き、雪舞う風景です。外の散策も無く温泉三昧!!こんなのも良いかなと過ごしました。
a0232543_20362206.jpg
a0232543_20384746.jpg
a0232543_20390364.jpg
a0232543_20392713.jpg
次の日、高月の渡岸寺に、日本一美しい十一面観音様にお参りです。何度訪れても慈悲に満ちたお姿に魅了されます。
a0232543_20480360.jpg
a0232543_20483592.jpg
長浜の盆梅展に伺いました。慶雲館、此処で展示されてます。この迎賓館は明治天皇、昭憲皇太后の行幸の時、建てられてます。長浜の迎賓館です。見事な座敷に90鉢、観梅できます。樹齢350年・・驚きの古木ですが見事に咲いてます。香ってもいます。
a0232543_21004857.jpg
a0232543_20595558.jpg
a0232543_21013919.jpg
a0232543_21022712.jpg
寂聴さんの掛け軸と梅です。「梅匂ふ 湖北のをみな 美しき」・・
a0232543_21085410.jpg
a0232543_21091758.jpg
a0232543_21130531.jpg
寒さの中、縁者が寄って楽しく過ごせた日々・・母も何かと喜んだ事でしょう・・又元気で会えますように。気ずかってくれた弟や遠くから来て貰った従弟に感謝です。


[PR]
# by ekocyan2 | 2017-02-08 21:46 | 日本の旅 | Comments(0)

2017年新春・・

家族で恙無く新年を迎えました。穏やかで暖かなお正月です。初詣は氏神様へお参りです。2日に参拝です。それでも大勢の人で列が進みません。隣接のお稲荷様はゆっくりとお参りで来ました。
a0232543_21075753.jpg
a0232543_21093406.jpg
そして4日オフ会です。京都駅前ホテルにお泊り、5日は皆で小旅行です。賑やかに楽しく、姦しく列車移動です。彦根城は変わらず凜と美しいお城です。噂の”ひこにゃん”もお出迎えです。以外と観光客は少なめでした。天守閣からは琵琶湖も一望です。
a0232543_22030389.jpg
a0232543_22065071.jpg
a0232543_22150142.jpg
a0232543_22091875.jpg
大名庭園と言われる玄宮園・・広大な敷地の回遊式庭園を巡りました。
a0232543_22175040.jpg
a0232543_22190877.jpg
お昼はまりさんご案内の近江牛店へ・・美味しかったです。少し寒く感じる中、古の街並みを散策です。その後クラブハリエでお茶タイム。
a0232543_23190589.jpg
a0232543_23204013.jpg


続きます~
[PR]
# by ekocyan2 | 2017-01-09 01:12 | 日本の旅 | Comments(8)

東伊豆半島の旅

12月1日~3日、二泊三日の旅でした。温泉の連泊はとても良いものです。ゆったりと出来のんびりと癒しの
時間が過ぎます。特別観光するでもなく散歩をしたり、洒落たお店を見つけたらコーヒータイムだったり。
朝日が昇りるのがリビングから見えました。丁度大島から昇り駿河湾がキラキラと輝いてました。
a0232543_2083590.jpg

a0232543_209095.jpg

一碧湖の紅葉が見頃と聞いて出かけました。約10万年前、噴火で出来た火口湖。今は「伊豆の瞳」と呼ばれています。周囲4キロ、ひょうたん型の景観の美しい湖です。湖畔を丁度1時間掛けて歩きます。青い水面が本当に綺麗です。落ち葉を踏みながらフカフカと素敵でした。
a0232543_20224583.jpg

a0232543_20234888.jpg
a0232543_20242037.jpg
a0232543_20244845.jpg
a0232543_2025346.jpg
a0232543_20284942.jpg

浜辺の散歩道で見た花達。
a0232543_20312989.jpg
a0232543_20321225.jpg
a0232543_20323822.jpg


続きます~
[PR]
# by ekocyan2 | 2016-12-05 20:59 | 日本の旅 | Comments(2)