人気ブログランキング |

北海道へ ・・Ⅱ

今日、何故か夕張メロンでなく(同じようなものです。。ガイドさん)富良野にある「吉田農園」へ。
もぎ取り体験・・買い足して宅急便で我が家へのお土産です。(皆がお買い求めと言う!!上手なお商売)
a0232543_17035843.jpg
a0232543_17042948.jpg
次は”カンバーナ六花亭”・・ぶどう畑、菜の花畑、大自然の中にあるカフェや土産物屋さん。
此処でも矢張り買っちゃいました。大阪のデパートで買えるのになんて、ささやきを聞きながら。
a0232543_17150038.jpg
北海道内に数ある美術館の中の一つ『後藤澄男美術館』見学です。日本画家の大一人者のおひとりとか・・知りませんでした。
素晴らしい大作が展示されてました。平山郁夫画伯と同じ様です。中国に長く行かれ西安、蘇州色んな所の画がありました。
仲間6人でああでもないこうでもないなんて素人談義をしていましたら館長がお見えになり、すごく詳しく画伯と共に建てられた美術館の
色んな貴重なエピソードを聞かせてくださいました。厳しい自然をとても愛されていたようです。館は回りビーツ畑の中に建ってました。
a0232543_17464648.jpg
a0232543_17472893.jpg
a0232543_17481102.jpg
そして白金 青い池です。最近の人気スポットだそうです。太陽の光の加減により、水面が青く見え不思議な池です。
立ち枯れたカラマツがとても幻想的な雰囲気です。インスタ映えを狙って、もう大勢の人々です。(美瑛 白金青い池)
a0232543_18054404.jpg
a0232543_18105766.jpg
a0232543_18113360.jpg
a0232543_18170092.jpg
四季彩の丘・・・四月から十月まで畑一面がお花畑。それはそれは広大です。ぐるり廻るのにトラクターの様なのに
乗ります。がたごと振り落とされそうでしたよ。途中下車・・写真タイム・・4分ほどです。後から歩けばよかったなんて!!
a0232543_18373212.jpg
a0232543_18353673.jpg
a0232543_18384006.jpg
a0232543_18393694.jpg
パッチワークの道、車窓より。
a0232543_18480958.jpg
a0232543_18490743.jpg


続きます。
# by ekocyan2 | 2019-07-09 19:50 | 日本の旅 | Comments(2)

北海道へ・・Ⅰ



梅雨のない北海道と言われる地へ・・7月2日~4日まで二泊三日の旅です。今年は北海道も変だと言われて 
お天気あまりよくなく、曇り時折晴れで降られずに良かったです。毎年出かける親戚縁者6名で参加しました。
関西伊丹空港から二時間ほどで新千歳空港着です。
富良野、美瑛・・北海道の中ほどです。花のガーデン巡りです。まずは”ゆにガーデン”英国風庭園です。
広い敷地を小型バスが走ってます。色んなこの時期のお花満開です。サルビア、レディースマント、アジサイ、ラペンダー、教わりました
バーバスカム、リナリア、まだまだ知らない花もありました。
a0232543_10120504.jpg
a0232543_10135892.jpg
a0232543_10144171.jpg
a0232543_10152279.jpg
a0232543_10154993.jpg
a0232543_10132535.jpg
a0232543_10165490.jpg
そして富良野ファーム富田・・ラペンダー畑、上手に時期を変えて花が咲くように植えられているという話。
以前訪れたイメージと異なりました。何の木でしょうか?形良い珍しい木です。
北海道は中国の人に人気なのでしょうか!!日本人より多い観光客、驚きです。
a0232543_10283917.jpg
a0232543_10294959.jpg
a0232543_10303938.jpg
a0232543_10374287.jpg
a0232543_10463691.jpg
新富良野プリンスホテルが宿です。広大な土地に色んな施設があり、北海道ならではでしょう。
歩いて行ける所に『ニングルテラス』を夕方暗くなってから出かけました。アイヌ語でニングルとは小人と言うようです。
木でできた可愛い館です。主にお土産屋でしたが・・とてもロマンチックでした。
a0232543_11492653.jpg
次の日は早起きをして、近くの「風のガーデン」散策です。車で運んで頂き、花野散歩は清々しく良かったです。
a0232543_11574893.jpg
a0232543_11590099.jpg
a0232543_11595512.jpg
a0232543_12014118.jpg
多くの花に出会い、広大な大地をバスで走り続け…何とも『でっかい北海道』を体感させてもらってます。次に続きます。・・・・

# by ekocyan2 | 2019-07-08 12:09 | 日本の旅 | Comments(4)

佐渡島へ Ⅲ

今日はメインの大野亀のトビシマカンゾウを観に行きました。今が最盛期だろうとプランされてました。佐渡カンゾウ祭り等もあり盛り上がってました。
恵まれたてラッキーな一日でした。大野亀の山には道路危険で、途中引き返しです。頂上からの眺めは、最高でしょうに。
高山さんは登られて、興奮されたご様子をコメントされてました。下の広場で佐渡音頭やフラダンス、大太鼓・・色々のイベントに至福の時間が過ぎました。
(一応前夜、宿のおかみさんに皆で佐渡おけさを習いました)のに参加せず(笑い)佐渡の子供達の募金活動に心の喜捨です。
a0232543_10563010.jpg
a0232543_11070106.jpg
a0232543_11061983.jpg
a0232543_11130703.jpg
a0232543_11164559.jpg
佐渡最北端の海水浴場のようです。日本の海水浴場百選に選ばれているとか!!二匹の亀が蹲っているように、見える巨岩です。ブタナの群生もありです。
a0232543_11263430.jpg
a0232543_11275619.jpg
a0232543_11292710.jpg
尖閣湾の景勝地をクラスボートで遊覧です。ほんの15分ほどです・海は綺麗でしたがお魚の大きいのには会えずです。”君の名は”の橋もありました。
a0232543_11404604.jpg
a0232543_11414842.jpg
乙和池・・ここ山の中でした。ガイドさんも初めてと言われてました。神秘的、幻想的な浮島ある池です。浮島がハートなのがよくて!!
花はガマズミとか?皆さん帰ろうとしないで・・ただ眺めていました。
a0232543_11524850.jpg
a0232543_11532283.jpg
最後の日はフリータイム。これもとても良かったです。グループの方、5名で路線バスを使いました。お寺巡りです。根本寺、大膳神社、妙宣寺です。
(能舞台、五重塔・・この塔佐渡に一つだそうです。無料で拝見出来ました。)この辺り長閑です。この地の人が都への憧れを持っていたのでしょう。こんな碑がありましたそして再び相川散策です。佐和田バス停そばのラーメンの美味しかった事忘れません。相川では京町通りの坂を上り旧相川拘置所など見学です。初めて見る昔の拘置所・・驚きでした。
a0232543_12371593.jpg
a0232543_12340664.jpg
a0232543_12360589.jpg
a0232543_12375670.jpg
a0232543_12410572.jpg
まだまだ記録漏れもありです。でも有意義な佐渡島巡りでした。お食事はお魚は言うに及ばず、海藻も沢山頂きました。最後の夜は夕飯ついてなくて、皆で地元のお寿司屋さんへ・・注文は地場の魚と貝類でした。長々の旅の記録、お付き合い下さり、感謝です。

# by ekocyan2 | 2019-06-19 13:03 | 日本の旅 | Comments(4)

佐渡島へ Ⅱ

トキのいる島・・佐渡・・と宣伝されてて、旅情をそそります。この広い離島、是非見たいトキです。トキの森公園へ。
トキが囲いの中でいる姿を望遠鏡で見て回ります。まず目に入ったのが赤のようなオレンジの様な色をした「ショウジョウトキ」でした。
期待してたようには観れませんでした。野生のトキの飛翔が、観れるなんてラッキーそのものでしょう。
a0232543_09420891.jpg
a0232543_09423494.jpg
a0232543_09430661.jpg
a0232543_09435148.jpg
苔むすお寺、実相院。千年杉の木も見事でした。
a0232543_09571608.jpg
a0232543_10000571.jpg
a0232543_09584414.jpg
a0232543_09592252.jpg
七浦海岸の夫婦岩・・この海岸から汲む海水で塩が製造されてました。見学してほんの小さなお土産に塩頂きました。
a0232543_10101645.jpg
a0232543_10151344.jpg
次なる観光は佐渡金山です。以前にも見学していますが鮮明に覚えてません。江戸幕府により開山されて、400年以上の歴史があります。
今、世界遺産登録、願い中だとか・・!!沢山の悲劇とロマンもあるでしょうね。坑内は見学しやすくされてますが・・・おかれた人形から聞こえる言葉が切ないです。「道遊の割戸」V字に割れてます。江戸時代に手彫りで鉱脈を削り取った跡。凄いの一語です。写真は上手く取れなくて(涙)
a0232543_10433786.jpg
a0232543_10353831.jpg
a0232543_10400854.jpg
a0232543_10393433.jpg
近くにある北沢浮遊鉱場跡・・明治のころの遺物です。朽ち果てていました。でも観光スポット。時にはライトアップもあるようです。
緑に覆われた建物はスタジオジプリの代表作「天空の城ラプュタ」に登場する天空の城あとに似た雰囲気なので人気だとガイドさんのお話でした。そして大間港跡へ。金の搬出に使われた港です。海に点在してました。これらすべてを含めての世界遺産登録叶うかな?です。近くに咲いてた花。次に続きます。
a0232543_11061804.jpg
a0232543_11065447.jpg
a0232543_11083488.jpg
a0232543_11111284.jpg
a0232543_11094828.jpg

a0232543_11102800.jpg
a0232543_11171480.jpg
a0232543_11202608.jpg


# by ekocyan2 | 2019-06-17 11:28 | 日本の旅 | Comments(4)

佐渡島へ(6月6日~6月11日)Ⅰ

梅雨入りしていました佐渡島へ五泊六日の旅をして来ました。曇り空の日もありながら、ほぼお天気でした。
自宅から約10時間近くかけて宿に着きました。現地についての印象は離島とは言え、「とてもでっかい佐渡島」でした。
何と全員9名のメンバーです。オールシニア、歩き食べて、お元気な皆様でした。
宿は加茂湖の傍にある「ホテル志い屋」・・・佐渡両津温泉連泊です。
直江津港から高速フェリーで小木港着です。
a0232543_09240516.jpg
a0232543_09244082.jpg
a0232543_10065258.jpg
朝は9時出発、帰宅は4時半~5時頃でした。温泉入湯後、湖沼を毎日散策です。この日はまず、佐渡名物のたらい舟体験です。
約30年ほど前来ました時は櫂で漕ぎましたが…今回は無理無理、結構桶にへばり付いてました。(笑)
船頭さんは女性でお若い美人さん!!巧みに操られる姿は、旅情を誘います。
a0232543_10223506.jpg
a0232543_10241441.jpg
宿根来(しゅくねぎ)集落見学。佐渡の最南端の狭い谷あいにあり、海に向かって開かれた集落です。
入り江の奥に100余棟、迷路のような蜜集落でした。江戸時代に千石船と船大工の街として栄えてます。
今も住まわれてる方もありです。国の「重要伝統建造物群保存地区」に選定されてます。
吉永小百合が撮影に見えたそうです。村のお寺は船大工の技術が生かされ山門が残ってました。
本堂は焼失して再建されたようでした。
a0232543_11160525.jpg
a0232543_11045064.jpg
a0232543_11032320.jpg
a0232543_11124412.jpg
a0232543_11145951.jpg
a0232543_11053205.jpg
最西端・・・沢埼花灯台、もう時期的には終わりの岩ユリが咲いてました。
a0232543_11262869.jpg
a0232543_11270274.jpg
佐渡の窯元・・無名異焼土は赤いです。大きな窯元で体験もできるようです。お土産に一個のぐい飲みを買いました。
a0232543_11491908.jpg
a0232543_11501670.jpg
次に続きます・



# by ekocyan2 | 2019-06-16 12:00 | 日本の旅 | Comments(2)